アフターケアもバッチリ

関東東北の注文住宅なら四季工房

関東地方(東京・埼玉・栃木)や東北地方(福島・宮城)で自然素材を使用した住宅を建築したいとすれば、四季工房という建築会社があります。この四季工房の特徴は自然素材を生かした木造りの家を建築することです。しかも外国の素材ではなく日本の素材を使って美しい家を造ることにこだわっています。 住宅の造りはエアパス工法という造りを採用している点に特徴があります。エアパス工法とは、建物の壁内に空気を循環させる方法で、部屋全体に空気を行き渡らせます。建物の南側と北側では太陽が指しているかどうかでその気温差は3,4度は変わってきますが、このエアパス工法で南側の空気を北側に送ることで北側も南側と同じように暖かくなります。部屋の温度を平均的に上昇させる働きがあるのです。

長年にわたるメンテナンスの充実さ

四季工房の特徴はこのエアパス工法だけではありません。基本的にメンテナンスにも力を入れている建築会社です。四季工房ではこれを生涯メンテナンスと言います。メンテナンスは、住宅に住み始めてから最初の1か月目に点検を行います。この時に、コンセントが不足している場合や照明が不足している場合、クローゼットが不足している場合はそれぞれ1,2か所ずつ無料で増設してくれるというサービスがあります。 点検は以降3か月、1年点検と続きます。それから10年先まで毎年メンテナンスと点検を行っていきます。10年から先は2年に1度の訪問サービスがあり、20年目以降は訪問点検は3年に1度になりますが、そこまで長い間点検をしてくれるということは良い住宅を造ることができる証です。